一般社団法人 たなごころ 社会福祉・心理よろず相談センター 発達障害・不登校・虐待・引きこもり・グレーゾーン・心理検査などご相談下さい(大阪市港区)

「相談支援」とは

障害をお持ちの方やその家族が、さまざまなサービスを利用しながら、地域の中で、その方が望むより良い暮らしのために、あらゆる相談を受け止め、常にサービスを受けたいと考えている方々の立場に立って、

「望んでおられることは何か」
「何をどのように支援すればよいか」
「支援をするときに地域の社会資源の活用の仕方は?」など、

さまざまな方法を工夫して、
「利用者主体」「自己決定」を中心にご家族、支援者、地域の方々を含めて行政等との
ネットワークを築きながら行っていく支援です。

相談支援専門員の役割

 

障害をお持ちの方が地域で生活していると、さまざまな困難に直面します。当事者の方々が利用できるサービスの情報を得て、自ら利用手続きを行い、適切にサービスを活用していくことは、なかなか困難なことです。

相談支援専門員は障害をお持ちの方、及び、そのご家族に寄り添いながら、

このように当事者である方々の尊厳を守り、虐待を防止し、権利擁護することこそ、相談支援専門員の役割です。

※1 アセスメント … 当事者が何を求めているのか正しく知ること。

基本的な計画相談支援の流れ

@ 区役所等の行政へサービス利用申請
(事業所の職員とご一緒に申請することも可能です。)

↓

A 事業所選定あるいはセルフプラン選択

↓

B 相談支援センターに計画案作成依頼書

↓

C 重要事項説明書・事業所との契約

↓

D アセスメント(※1)・ニーズの把握

↓

E サービス等利用計画案の作成

↓

F 支給決定

↓

G サービス担当者会議(ケア会議)開催

→
↑

J モニタリング(※2)

↑

I サービス利用のはじまり

↑

H サービス等利用計画の作成

※ 相談支援のご利用については、障がい者手帳が必要となり、
利用料の自己負担はありません。

※1 アセスメント … 当事者が何を求めているのか正しく知ること。
※2 モニタリング … 現状を観察して把握すること。