一般社団法人 たなごころ 社会福祉・心理よろず相談センター 発達障害・不登校・虐待・引きこもり・グレーゾーン・心理検査などご相談下さい(大阪市港区)

「保育所等訪問支援」とは

この度、社会福祉・心理よろず相談センターでは、「保育所等訪問支援」事業をスタート致しました。
子どもを支援する為の優れた制度ですが、まだまだ全国的にも数少ない公的福祉サービスです。
この事業について、皆様がもっと利用しやすくなるよう、できるだけ簡潔にご紹介したいと思います。

そもそも保育所等訪問支援事業ってなに?

 

(平成24年度スタートした国の事業)

園や学校といった施設等に専門知識を持った支援員が訪問し、保護者等と施設との連携を基に子どもが園・学校生活を楽しく送れるように支援する公的福祉サービスであり、全国的に訪問が可能です。
必要に応じて家庭訪問を致します。

どんな時に利用すればいいの?

(発達障害関係、引きこもり、不登校、親子関係調整、等)

主な相談内容としては、以下のようなものが挙げられます。
(お気軽に、ご相談下さい。)

  • じっとしていられない。
  • 指示が入りにくい。
  • 手で道具を使うのが苦手。
  • こだわりが強い。
  • ことばが遅い気がする。
  • 友達とトラブルになりやすい。
  • 登園や登校をしぶる。 など

だれでも利用できるの?

小学校、中学校、高等学校等に通う子どもを含みます

障がいのある子どもだけでなく、どこか気になる子どもも対象です。診断や障害名の有無は問いません。
現在、訪問可能なのは、保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、中学校、高等学校、支援学校、乳児院、児童養護施設、放課後等児童クラブなど、集団生活をしている施設に所属している0〜20歳までの子どもが対象です。

具体的にどういうことをしてもらえるの?

 

(前述の施設等は、公立、私立含みます)

対象の子どもについて、保護者等や前述の施設スタッフ・職員からその子どもに関するお話を伺います。その後、子どものアセスメントを基に支援計画を作成し、対象の子どもに直接関わったり、施設スタッフ・職員への助言をしたりします。当センターの訪問支援員は社会福祉士・学校心理士・児童福祉施設で経験をつんだ保育士です。(必要に応じて、ケースワーク、カウンセリング、心理検査、等を行います。)

いくらかかるの?

(社会保障の公的保険制度であり、「受給者証(保険証)」にて可能)

各ご家庭の年収に応じて、月毎の保険料負担額が国の判断により、決定されます。
但し、1割負担という事には変わりません。(支援内容によって若干増減します。生活保護・母子家庭、父子家庭、寡婦家庭、等、での費用負担は必要ありません)
※ 尚、法律上、毎月の(支援日数)上限は、ありません。

料金のご案内(利用者負担額)

利用料金

受給者証の利用者負担上限月額内の負担になります。
利用者負担額は世帯の所得により決定されます。

世帯所得 お支払い料金
非課税世帯 0円
約890万円まで 4,600円
約890万円以上 37,200円

(※平成31年1月現在)

どうやって申し込めばいいの?

(サービス利用開始は基本的に「受給者証」発行後に可能)

対象となる子どもの保護者等と施設等の連携を基に、当センターへご一報下さい。
お住まいの区役所の保健福祉課等にて「保育所等訪問支援の利用」をお申し込み頂き、「受給者証」発行手続きを行い、当センターとのサービス利用契約を保護者等と結びます。
※ 基本的に、法律上「行政区」への申請日から認められます。

まずは、当センターまでご連絡下さい。

(障がい児支援、一般・特定相談支援は「相談支援」を参照)